中央引越センター利用者が語る・引越しノウハウ

 

見積もりと荷造りは徹底的に!

 

中央引越センターを含め、過去数回引越しをしてきましたが、どんな状況でもちゃんと下調べをしていくつかの業者に見積もりを出してもらうべきです。

 

そして、荷造りは部屋ごとに詰めて分かりやすく。

 

どんなに面倒でもスケジュールを立てて荷造りをしなきゃダメだなと実感してます。

 

それから、ずっと使わなかったもの着なかった衣類は引越しをキッカケに全て捨ててしまうこと。

 

私は捨てきれず全部引越し先まで持って行きましたが実際使うことがないので捨てれば良かったと思ってます。

 

今は、押し入れや天袋に入れたままになっているので出すのも面倒でまとまらないです。

 

後々大変な思いをするのだから引越しの時にちゃんと捨てておけば良かったと後悔してます。

 

次、引越すときの良い勉強だと思ってます。

 

急がば回れ!この言葉が合うなぁと思います。

 

 

中央引越センター利用者の引越しアドバイスまとめ

 

掃除をどれくらい出来るかで引越しの手間が減る!?

 

引っ越しでまず大変なのが、掃除だと思います。普段掃除しない人は尚更引っ越し前に痛い目にあいます。

 

日頃から目につかないところもマメに掃除しておくと、引っ越しの時にかなり楽だと思います。

 

あとは余計なものは持っていかない。引っ越しを機にいらないものや使わなさそうなものは思い切って捨てる。

 

そのほうが荷ほどきも楽だし、無駄な箱詰めも避けられるので、思い切って捨てるのは大切だと思います。

 

そして1番大事なのは、しっかり業者と見積もりして、当日のトラブルを回避することです。

 

引っ越しの際、割れ物のシールを貼っても、業者の人にしっかり伝えた方がいいかと思います。

 

1度引っ越しの際、シールを貼ったのですが、雑に扱われたので中身が割れたことがありました。

 

【インタビュー】中央引越センターの感想と引越し時のアドバイス

 

今までの引越し経験とアドバイスを教えて下さい

 

今まで複数回引越しを行いました。

 

今回は中央引越センターさんに依頼。

 

単身から家族まで色々細かいプランがあったので思ったより金額が安くなって良かったです。

 

 

引越しをするに当たって気をつけた方が良いことですが、細かいものについてはダンボールにまとめていれた方がいいです。

 

なおかつ、ダンボールも番号を書いておくと便利です。

 

何故ならば、引越し先ですぐに使う物から取り出せる様にする為の番号だからです。

 

なんと某引越し業者はそれをしていました。

 

ダンボールに貼るガムテープの色をかえて工夫していました。

 

あとは、重い物は無理に動かして準備するよりかは、業者が来た時にお願いした方が格段にスピードが早いです。

 

豆知識としては、絶対に傷をつけたくないとか大事にするものに関しては自身で運んだ方がいいかと思います。

 

引越し業者って、荷物雑に置くことが多いので。

 

引越し先についたときには、もうあらかじめ荷物を置く場所を決めておきここに置いて下さいと指示を出した方がいいです。

 

後々、動かすのは面倒ですからね。

 

 

また、私は引越し先が自分にとって住みやすいかと考えて決めるようにしています。

 

(仕事の都合とかだと無理かもしれませんが…)

 

田舎の、特に交通網のないところや、自然の豊かすぎるところです。

 

私はイベントごとが大好きですし、ライブやコンサートを見に行くのが好きなので、よくライブハウスやクラブハウスに足を運ぶのですが、田舎の方にはそうした音楽のたのしめるスポットが少ないと感じるからです。

 

また、交通網が弱いと、遠出して遊びに行ったり、友達に会いに行ったりするのにかなり不便だと感じます。

 

生活必需品が手軽買えない場合も多いと聞くのでかなり不便だと思います。